• Loading stock data...

長期運用を俯瞰しよう

長期運用をする上で、大切なことはいくつかあると思います。意外と一番大切なことは「忘れること」だと個人的には思います。お金のことになると、どうしても考えてしまう、そんな人は多いのではないでしょうか。案外忘れることは難しいです。

忘れるといっても、完全にやっていること自体を忘れてはなりません。薄く意識の端の方においておく必要があります。これは細い集中を続けるようなもので、簡単なようで難しいです。概念的な話で申し訳ありません。

あくまで、運用は数字上のものです。数字というのは概念です。形も実態もありません。あくまで脳の中の記号です。これに振り回されてはならないと思います。

じゃあどうすればいいの?何が言いたいの?と聞こえてきそうです(苦笑)

申し上げたいことは「投資しているものを定期的にみる癖はつけるべきだが、のめりこまず、数字として理性で客観的に判断する、それを継続してし続ける」ということです。簡単に言ってますが、とても難しいことだと思います。

・定期的に観察するためには、Googleのスプレッドシートを利用して、毎月買ったものを入力するといいと思います。

何を何万買ったかを見える化することで、将来振り返ったときに割安のところで買えているのか、それとも逃しているのかを振り返ることができます。

・数字として客観的に判断するためには、相関係数を利用するといいと思います。

相関係数とは、例えばAという商品が上がったときに、Bが全く同じ動きをしていた場合、相関係数は1になります。真逆の動きをしていた場合-1になります。相関係数は-1~+1の間で触れるもので、2つの商品の相関性を見ることができるものです。

わかりやすく言いますと、日本国債とアメリカ株は全く違う動きをしておりますので、相関係数は-1に近い値になると考えられます。

投資をする上で、上記二点は何をどういうタイミングで買っていたか、どういう組み合わせで買えばいいかを考える上でとても大切なことだと思います。

乱高下の激しい相場が続いておりますが、継続して投資をしていく方々へ対して少しでも有用な情報をお届けできれば幸甚です。

コメントは受け付けていません。

  • 私たちは、着実に資産を形成し、経済的に自立したゆとりある生活を送れるようになるための方法としてインデックスの長期投資を推進しています。
    当ブログではなぜインデックス長期投資なのか、どのように進めていけば良いのか、関連する金融・経済ニュースの解説等を中心に情報発信をしています。コメント・フィードバック等はtwitterもしくはfacebookまでお願いします。