• Loading stock data...

米雇用統計の結果

昨日アメリカの雇用統計の発表がありました。

非農業部門の雇用者数が13.6万人となり、市場予想の14.5万人を下回る結果となりました。20万人を超えると景気が良好、10万人を下回ると景気が悪化という見方が一般的だと思います。

(出所)米雇用統計の推移|株式マーケットデータより引用
https://stock-marketdata.com/ces.html

非農業部門の雇用者数を見るのは景気の先行きを表す指標として使われており、毎月第一金曜日に、失業率とともに発表されます。

FRBも景気動向を考える上で、参考にしている指標の一つです。

先日発表のあったISM製造業景況感指数、ISM非製造業景況感指数はともに景気の弱さを示す50を下回る結果となりました。

その中で、思ったより雇用者数が下がらなかったという風に受け止められ、NYダウは昨日372ドル上昇しております。

また、次回FOMCは10月29-30日開催となっており、その際景気が悪化していると判断されれば、利下げ・量的緩和もあるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

  • 私たちは、着実に資産を形成し、経済的に自立したゆとりある生活を送れるようになるための方法としてインデックスの長期投資を推進しています。
    当ブログではなぜインデックス長期投資なのか、どのように進めていけば良いのか、関連する金融・経済ニュースの解説等を中心に情報発信をしています。コメント・フィードバック等はtwitterもしくはfacebookまでお願いします。