• Loading stock data...

底地投資の魅力

底地とは借地権付きの建物が存在する土地であり、利用用途が制限されることから流動性が低い資産として分類されます。

一方で別の見方をすると、定期借地契約などを結ぶことで、借地権者から契約に基づき、一定の地代収入を得られる長期的に安定的な収益を生み出す資産と言えます。

また、建物を所有していないため、維持修繕コストなどがかからず、固定資産税等の税金のみがコストとなるため、将来的な収支のシナリオも読みやすいです。

上場REITではケネディクス商業リートや産業ファンド投資法人などが底地取得に積極的であり、私募REITでは底地投資に特化した地主プライベートリート投資法人が主なプレイヤーです。

底地投資は収支構造がシンプルで、エリア、契約形態、借地権者のクレジットが良好であれば投資家への説明もしやすいため、今後もREITを始めとした多くのプレイヤーが投資を加速させていくと考えられます。

コメントは受け付けていません。

  • 私たちは、着実に資産を形成し、経済的に自立したゆとりある生活を送れるようになるための方法としてインデックスの長期投資を推進しています。
    当ブログではなぜインデックス長期投資なのか、どのように進めていけば良いのか、関連する金融・経済ニュースの解説等を中心に情報発信をしています。コメント・フィードバック等はtwitterもしくはfacebookまでお願いします。