• Loading stock data...

リーマンショックの原因とは?

こんにちは。リーマンショックは2008年9月に起きましたが、この要因として名高い問題が「サブプライムローン」問題と言われております。

サブプライムとはどういう意味でしょうか?サブとプライムの二つに分けられます。「サブ」は下という意味です。潜水艦は別名サブマリンといいますが、マリンは海を意味し、サブは下を意味します。では「プライム」とは何でしょうか。

「プライム」は一般的な意味としては高級とか一番を意等を意味します。金融の世界では、通常の債務者をさし、要はちゃんとクレジットカードなどの支払を滞りなくする層を意味します。

以上のサブとプライムを合わせると、意味としては通常の債務者よりも劣る下の層を意味します。もっと簡単に言うと、借りたお金を返すかわからない層のことです。

リーマンショックの引き金は、サブプライム層がお金を返せなくなったこととアメリカの住宅価格が下がり始めたことに起因しております。

また、サブプライムローンを証券化し、多くの金融機関が保有していました。

サブプライムローンが不良債権化すると同時に、多くの金融機関が含み損を抱える状況になってしまいました。

以後こういう問題が起きないかどうかは現時点ではわかりませんが、日本においてもスルガ銀行が投資用不動産を購入する層に対して、意図的に預金を水増しさせて多額の融資を許可していたことが問題になりました。このこと自体は、サブプライムローン程のインパクトはないと思われますが、やっていること自体は同じことです。

お金がない層に対して、回収できるかわからない多額の資金を貸し付けるという行為自体はとても危険です。借り手がお金を返せるだけのキャッシュフローがあることが欠かせません。

カネ余りに乗じて、リスクの高い商品に資金を投入しすぎると、その商品への期待が裏切られたときに、大きな下落を伴うことになり、非常に危険だということです。

今持っている商品が、実態とかけ離れて推移していないかを確認することが大切です。

コメントは受け付けていません。

  • 私たちは、着実に資産を形成し、経済的に自立したゆとりある生活を送れるようになるための方法としてインデックスの長期投資を推進しています。
    当ブログではなぜインデックス長期投資なのか、どのように進めていけば良いのか、関連する金融・経済ニュースの解説等を中心に情報発信をしています。コメント・フィードバック等はtwitterもしくはfacebookまでお願いします。