• Loading stock data...

バリュー投資の父の考え方

バリュー投資の父と言われるベンジャミングレアムの考え方は今でも通じるものがあると思います。

保有しているキャッシュの半値で取引されている会社を見つけることに注力していた

これは、時価総額が保有キャッシュよりも低い企業をバリュー株とすることを意味します。PBR1倍割れの銘柄を意味します。

ただ、ベンジャミングレアムは、ビジネスの内容には無関心だったと言われております。この点がバフェットと異なる点です。

コメントは受け付けていません。

  • 私たちは、着実に資産を形成し、経済的に自立したゆとりある生活を送れるようになるための方法としてインデックスの長期投資を推進しています。
    当ブログではなぜインデックス長期投資なのか、どのように進めていけば良いのか、関連する金融・経済ニュースの解説等を中心に情報発信をしています。コメント・フィードバック等はtwitterもしくはfacebookまでお願いします。